1番安い低金利キャッシングのカードローンは?危険性はない?

この世の中にあるカードローン業者の中で、「一番金利が安いところはどこか」というと、その答えは「人による」です。たとえば、設定され得る金利の幅を1~20%に設定しているカードローン業者があるとして、最小金利1%という設定は、現存するカードローン業者の中で圧倒的な低さと言えます。しかし、最大金利は法律上の上限である20%に設定されている以上、多くのカードローン業者が採用している18%程度の設定と比較して高くなってしまいます。

自分が契約した時にどの程度の金利が設定されるのかは、審査で決定します。申し込み者の年収、勤務先、勤務期間、役職、債務総額、返済状況などの様々な要素を加味して総合的に判断し、最も適当な設定だと判断される内容での契約となります。基本的には、年収が多い、勤務先が大企業、勤続年数が長い、債務がないなどの条件を満たしているほど高評価を得られる可能性が高くなり、結果的に条件が優遇されます。

ということは、そういった情報(属性)があまり良くない状況の人にとっては、ほとんどすべてのカードローンが不利な条件で契約することになる可能性が高くなってしまうため、「異常なほどの低金利」に魅力を感じやすくなってしまいます。もちろん、それ自体が問題になるわけではありませんが、極端に優遇されている条件が提示される場合は「闇金業者」の可能性が高いです。

もし仮に闇金業者を利用してしまった場合、本来とはまったく違ったリスクを負うことになります。故に、「危険性がないとは言い切れない」と言うことになります。
カードローンの審査が甘い!ウマい話には要注意!!はこちら